BOOK TALK ABOUT > おすすめ本まとめ > 戦争と平和について考える本特集<絵本編>

戦争と平和について考える本特集<絵本編>

カテゴリー:おすすめ本まとめ タグ:

憲法9条問題、安保法案など、戦後の大転換を迎えようとしている日本。
毎年、終戦記念日が近づくと、書店にも戦争に関する本の特集棚をよく見かけます。

絵本編では、あらためて戦争と平和について考えるきっかけになる、おすすめの絵本をご紹介します。

強く平和を願う作家と画家が生みだした絵本
『猫は生きている』早乙女勝元

猫は生きている

強く平和を願う作家と画家が生みだした迫力ある大型絵本。

東京を焼け野原と化した大空襲。
生きのこったのは…。

命の大切さ、「今」の有り難さが描かれた一冊です。

↓詳細ページを見る↓
[ Amazon ] [ 楽天ブックス ]

絵本界屈指の人気コンビが挑む「核と平和」
『8月6日のこと』中川ひろたか/長谷川義史

8月6日のこと

絵本作家・中川ひろたかさんが自身の体験を綴った絵本。

広島で亡くなった自分の伯父、被爆者となった自分の母。
その体験を伝え、子どもたちへ問いかける―。

絵本界屈指の人気コンビが、「核と平和」に挑んだ一冊です。

↓詳細ページを見る↓
[ Amazon ] [ 楽天ブックス ]

広島の原爆の悲惨さを描いた絵本
『ひろしまのピカ』丸木俊

ひろしまのピカ

広島の原爆の悲惨さを描いた絵本。

1945年8月6日の静かな朝、恐ろしい光がつきぬけた。
みいちゃんは、朝食の赤い箸を握りしめたまま、父と母と地獄の街を逃げまどい―。

世界20ヶ国以上に翻訳された「記録のえほん」。
第3回絵本にっぽん大賞受賞。

↓詳細ページを見る↓
[ Amazon ] [ 楽天ブックス ]

被爆ピアノの声に耳をすまし平和を想う
『ミサコの被爆ピアノ』松谷みよ子

ミサコの被爆ピアノ

被爆ピアノの声に耳をすまし平和を想う物語を描いた絵本。

1945年8月6日、爆心地より1.8キロの地点で1台のアップライトピアノが被爆。
あの日から62年、ピアノは今も音を響かせている―。

平和への確かな願いが綴られた一冊です。

↓詳細ページを見る↓
[ Amazon ] [ 楽天ブックス ]

東京大空襲を今の子供たちに伝える
『東京大空襲ものがたり』早乙女勝元

東京大空襲ものがたり

東京大空襲を今の子供たちに伝える絵本。

ゆかりと進一の家の近くに、今も残るまっ黒こげの1本の電柱。
東京大空襲の炎の夜、おばさんは、赤ちゃんの蛍子ちゃんとここで、はぐれてしまったのです―。

いのちと平和の尊さが描かれた一冊です。

↓詳細ページを見る↓
[ Amazon ] [ 楽天ブックス ]

スポンサードリンク