BOOK TALK ABOUT
旅、暮らし、働き方にまつわる文庫本を中心におすすめの本や雑誌、絵本を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > 年間おすすめ本ランキング!BOOK OF THE YEAR 2020

年間おすすめ本ランキング!BOOK OF THE YEAR 2020

ダ・ヴィンチのBOOK OF THE YEAR 2020が、12月4日発売の2021年1月号で発表されました。
そこで、当サイトでも「BOOK OF THE YEAR 2020」を発表してみたいと思います!
今年当サイトの「本日のPickup!おすすめ本」で紹介した本や雑誌の中からBEST50を選びました。
はたして2020年ナンバーワンの本は!?

→BOOK OF THE YEAR 2019はこちら!

BOOK OF THE YEAR 2020

1位

TRANSIT 49号(ムック)
TRANSIT 49号(ムック)
特集は「美しき消えゆく世界への旅」。珊瑚の島、輝く氷河、豊かな森林、稀少な動植物――。美しい風景を、気候変動や災害、汚染などから守り、未来に引き継いでいくための旅へ。

2位

TRANSIT 48号(ムック)
TRANSIT 48号(ムック)
特集は「美しき古代文明への旅」。エジプト文明、マヤ文明、メソポタミア文明…。文明はなぜ崩壊する?現代を生きる私たちの生活基盤となっている古代文明を大特集!

3位

鬼滅の刃 23(ジャンプコミックス)
鬼滅の刃 23(ジャンプコミックス)
鬼の始祖・鬼舞辻無惨と炭治郎たちの戦いは最終局面へ…!!炭治郎と禰豆子、そして鬼殺隊の運命は!?永きにわたる鬼との闘争、決着の刻!!

4位

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬(文春文庫)
表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬(文春文庫)
5日間の夏休み、一人キューバへ。オードリー若林のロングセラー傑作紀行文。特別書下ろし3編「モンゴル」「アイスランド」「コロナ後の東京」収録。

5位

キネマの神様(文春文庫)
キネマの神様(文春文庫)
無職の娘とダメな父。ひょんなことから雑誌「映友」に採用され、父の映画ブログをスタートさせることに――。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。

6位

人新世の「資本論」(集英社新書)
人新世の「資本論」(集英社新書)
人新世<ひとしんせい>人類が地球を破壊しつくす時代。気候変動、コロナ禍、文明崩壊の危機…。唯一の解決策は潤沢な脱成長経済だ――。

7位

ニューヨークで考え中(3)(単行本)
ニューヨークで考え中(3)(単行本)
人気コミックエッセイ第3弾!コロナ禍で街は一変し、さらに自宅が水浸しに…。近藤聡乃のつれづれ……否、波乱のNYライフ。現在進行形、等身大のニューヨークライフがここに!

8位

サンライズ・サンセット(双葉文庫)
サンライズ・サンセット(双葉文庫)
人の心のあたたかさは、いつの世も、どこにあっても変わらない――。ニューヨークを舞台にした、じんわりと心温まる短編集。

9位

コンビニ人間(文春文庫)
コンビニ人間(文春文庫)
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。36歳未婚、彼氏なし。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。

10位

ウェス・アンダーソンの風景(単行本)
ウェス・アンダーソンの風景(単行本)
世界で見つけたウェス・アンダーソン監督もお気に入りの場所!まるで映画のような、ノスタルジックでかわいい、世界各地の200以上の風景と、その場所にまつわる魅力的な物語。

11位

ほどよい量をつくる(単行本)
ほどよい量をつくる(単行本)
生産性を上げるヒントは「ほどよさ」にあった!つくりすぎない。働きすぎない。それでもやっていける。ものづくりの先駆者たちに学ぶ、持続可能なビジネスのヒント。

12位

コロナの時代の僕ら(単行本)
コロナの時代の僕ら(単行本)
世界28カ国で緊急刊行!非常事態下のローマより。イタリアを代表する小説家によって綴られた「コロナの時代」を生きる人類のための道しるべ。

13位

首都感染(講談社文庫)
首都感染(講談社文庫)
10年前に書かれた「予言の書」として話題に!中国で突如出現した新型ウィルスが、東京の人々に感染し始め、政府は都心部の完全封鎖を決断する―。

14位

くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話(単行本)
くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話(単行本)
投資家であり、パンクスでもある筆者の視点で見る投資や経済、社会とお金。今自分がいる場所から見える社会問題や将来の不安と戦いながら楽しく生きていくための冒険の書。

15位

画文集 山の独奏曲(ヤマケイ文庫)
画文集 山の独奏曲(ヤマケイ文庫)
軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。山と日常との狭間を、温かな目で描いた72編のショートエッセイ。

16位

本屋、はじめました 増補版(ちくま文庫)
本屋、はじめました 増補版(ちくま文庫)
新刊書店Title開業の記録。「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?店舗デザイン、カフェのメニュー、棚づくりなど、事業計画書から開店後の結果まですべて掲載!

17位

ベルリンうわの空(コミック)
ベルリンうわの空(コミック)
ここ…もしかしたら最高の街なんじゃない?ささやかだけれどやさしい日常。ほんのりふしぎなタッチで描く自由きままなドイツ移住記。

18位

ブックオフ大学ぶらぶら学部(新書)
ブックオフ大学ぶらぶら学部(新書)
祝30周年。これまで論じられてこなかった、日本全国の本のある場所。ブックオフとはなんなのか。その魅力と、いくつかの思い出。

19位

僕が旅人になった日(単行本)
僕が旅人になった日(単行本)
人生を世の中のせいにできるのは、いつまでだろう?一人旅、世界一周、海外移住、帰国子女、自転車旅、働きながら旅をする…。あらゆる形で世界中を旅した、20人の旅のストーリー。

20位

こんな一冊に出会いたい 本の道しるべ(ムック)
こんな一冊に出会いたい 本の道しるべ(ムック)
10/6(火)スタートのNHK Eテレ「趣味どきっ!」。素敵な本ともっともっと出会うためのヒントを、本を愛する著名人から学びます。8つのテーマで個性派本屋さんも紹介!

21位

八日目の蝉(中公文庫)
八日目の蝉(中公文庫)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。

22位

フジモトマサル傑作集(単行本)
フジモトマサル傑作集(単行本)
漫画家・イラストレーターのフジモトマサルの初傑作集!静かに悩む人間たち。遠慮なく言葉を話し、生きる動物たち。その交錯で生まれる奇跡の物語。

23位

わたしのもう一つの国 ブラジル、娘とふたり旅(単行本)
わたしのもう一つの国 ブラジル、娘とふたり旅(単行本)
角野栄子にとって特別な「もう一つの国」へ、13歳のやんちゃな娘といざ出発!1981年刊行の単行本に、「今」の想いを大幅加筆をした愛蔵版。

24位

地上に星座をつくる(単行本)
地上に星座をつくる(単行本)
ヒマラヤ遠征を繰り返し、旅から旅へ。カメラを携え未知の世界と出会い続ける7年間の旅の軌跡。

25位

さいはてにて やさしい香りと待ちながら(集英社文庫)
さいはてにて やさしい香りと待ちながら(集英社文庫)
能登を舞台に、生き別れになった父を待ちながら珈琲店を営む女性と、二人の子供を持つシングルマザーの女性との心の交流を描いた心暖まる物語。

26位

父の詫び状(文春文庫)
父の詫び状(文春文庫)
宴会帰りの父の赤い顔、母に威張り散らす父の高声…。だれの胸の中にもある父のいる懐かしい家庭の息遣いをユーモアを交じえて綴ったエッセイの最高傑作。

27位

サブカルで食う(角川文庫)
サブカルで食う(角川文庫)
サブカルで食うために必要なものは・・・実家?小学生のころからの自分を振り返りつつ、サブカルチャーとの出会いからを丁寧に綴った、筋肉少女帯の大槻ケンヂによるエッセイ。

28位

ヤットコスットコ女旅(単行本)
ヤットコスットコ女旅(単行本)
東へ西への一人旅はハプニングの連続!女優・室井滋が綴った、ゲラゲラ笑えて元気になれる傑作旅エッセイ全67連発!

29位

ビールでブルックリンを変えた男(単行本)
ビールでブルックリンを変えた男(単行本)
荒廃した街とコミュニティが元気になった!不屈の独立精神が起こした奇跡の象徴、ブルックリン・ブルワリーの起業物語。

30位

たべるたのしみ(単行本)
たべるたのしみ(単行本)
“私にとって食べることは、生きることだ”永遠に輝き続けるおいしい味の記憶を綴った54の物語。「たべるたのしみ」が存分に味わえる、あたたかく美味しい随筆集。

31位

東京百景(角川文庫)
東京百景(角川文庫)
すれ違う怪しい人物たち、なんでもない美しい風景、行き場のない気持ち…。振り返れば大切だったと思える、青春の日々の記憶。100篇のエッセイからなる又吉文学の原点的作品。

32位

あやうく一生懸命生きるところだった(単行本)
あやうく一生懸命生きるところだった(単行本)
全力で走り続けることを辞めたことで見えてきた、自分をすり減らす毎日から抜け出し、自分らしく生きるコツとは?韓国で話題のベストセラーエッセイ!

33位

ULTRAMAN (16)(ヒーローズコミックス)
ULTRAMAN (16)(ヒーローズコミックス)
囚われの身となっていた進次郎たちの元に、星団評議会最高議長・エドが現れ、メフィストと対峙する。役者は揃った――いよいよ、反撃の時!

34位

なくなったら困る100のしあわせ(単行本)
なくなったら困る100のしあわせ(単行本)
豊かさの価値が変わりつつあるいま、何を大事にするかを立ち止まって考える。新しい時代のていねいな生活術。

35位

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々(河出文庫)
シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々(河出文庫)
文学と恋と人生――。パリ・左岸にある伝説のシェイクスピア&カンパニー書店に偶然住みつくこととなった、カナダから来た元新聞記者による回想記。

36位

旅の断片(単行本)
旅の断片(単行本)
旅先はメキシコ、キプロス島、インド、スリランカなど多種多様。未知なる国へ、未知なる自分へ。小冊子「murren」編集・発行人、若菜晃子『街と山のあいだ』に続く随筆集第2弾!

37位

行った気になる世界遺産(単行本)
行った気になる世界遺産(単行本)
世界遺産に詳しいことでも知られる俳優・鈴木亮平が、熱い想いをめぐらせながら自ら絵・挿絵を描き下ろし、妄想爆発で文章も全て書き下ろした前代未聞の旅行記!

38位

ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン(幻冬舎文庫)
ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン(幻冬舎文庫)
ベトナム1800キロ縦断旅。好きな町に留まり、ビールを飲む。チップをふっかけられて喧嘩もする。ドタバタのベトナム移動旅!

39位

GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密(単行本)
GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密(単行本)
あの商品はなぜ、人々の心をつかむのか?サントリー角瓶、ポッキー、iPhone、シャネルスーツ、ロマンスカーなど、47の商品・ブランドに、フルカラーのイラストとともに迫る!

40位

二十億光年の孤独(集英社文庫)
二十億光年の孤独(集英社文庫)
ひとりの少年が見つめた宇宙、孤独、そして未来──半世紀を超えて輝き続ける、詩人・谷川俊太郎のデビュー詩集。

41位

深夜特急1 香港・マカオ〈増補新版〉(新潮文庫)
深夜特急1 香港・マカオ〈増補新版〉(新潮文庫)
一年以上にわたるユーラシア放浪の旅が今、幕を開けた。いざ、遠路二万キロ彼方のロンドンへ!永遠の「旅のバイブル」増補新版の香港・マカオ編。

42位

美しいものを見に行くツアーひとり参加(幻冬舎文庫)
美しいものを見に行くツアーひとり参加(幻冬舎文庫)
オーロラ、クリスマスマーケット、プリンスエドワード島…。一度きりの人生。行きたい所に行って、見たいものを見て、食べたいものを食べるのだ。

43位

ホモ・サピエンスは反逆する(朝日文庫)
ホモ・サピエンスは反逆する(朝日文庫)
動物行動学者から見た人間とは?ものごとを昆虫や動物の視点からもとらえ、読者に多様な考え方を教えてくれた、1950年代から70年代にかけて書いたエッセイを復刻。

44位

編集思考(単行本)
編集思考(単行本)
異質なモノをかけ合わせる。モノがあふれた時代、ビジネスには「編集」が必要だ。あらゆるシーンで武器となる、これからの時代を生きるビジネスパーソン必須の思考法。

45位

2050年 世界人口大減少(単行本)
2050年 世界人口大減少(単行本)
いったん減少に転じると、二度と増えることはない。世界経済の行方、温暖化や格差・貧困などのSDGs問題、われわれの人生もが激変する――。

46位

おなかのおと(単行本)
おなかのおと(単行本)
「美味しい」って楽しくて嬉しくて、ちょっと切ない。女優でモデルの菊池亜希子の子ども時代から母になった現在までの「食」にまつわるエッセイ集!

47位

カエルの楽園2020(新潮文庫)
カエルの楽園2020(新潮文庫)
寓話小説『カエルの楽園』の続編。二匹のアマガエルはなぜか再び平和な地にいた。しかし、やがて楽園でも病気が広がりはじめ――。コロナ禍の日本に投げかける、警告と希望の書。

48位

羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
湖水地方で600年以上続く羊飼いの家系に生まれた著者が、厳しくも喜びと誇りに満ちた農場の日々を綴った世界的ベストセラー。

49位

BADON (1)(ビッグガンガンコミックス)
BADON (1)(ビッグガンガンコミックス)
今、人生(ゲーム)をやり直す。頼りにする「友」と賭けられる「夢」がある。このゲームに負けはない――。男たちの人生狂騒曲、開幕!

50位

夜更けのおつまみ(ポプラ文庫)
夜更けのおつまみ(ポプラ文庫)
原稿があがった後の枝豆とビール、秘密のレシピでつくる肴、大切な人と分かち合った一皿…。おいしい記憶がたっぷり詰まった珠玉のエッセイ・アンソロジー。

まだまだあります!おすすめの本

BOOK OF THE YEAR 2019
BOOK OF THE YEAR 2019
2019年、当サイトの「本日のPickup!おすすめ本」で紹介した本や雑誌の中からBEST50を選びました。はたして2019年ナンバーワンの本は!?
文庫本おすすめランキング2021
文庫本おすすめランキング2021
小説やエッセイなど、書店の文庫本ランキングから気になる文庫本をピックアップしてご紹介してます。その他、お気に入りの文庫本ベスト10も。