BOOK TALK ABOUT
旅、暮らし、働き方にまつわる文庫本を中心におすすめの本や雑誌、絵本を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > 【2020年】文庫本おすすめランキング – 通勤読書にもぴったり!

【2020年】文庫本おすすめランキング – 通勤読書にもぴったり!

小説やエッセイなど、書店の文庫本ランキングから気になる文庫本をピックアップしてご紹介してます。
その他、旅、暮らし、働き方にまつわるお気に入りの文庫本ベスト10もご紹介しています。
文庫本は、通勤読書にもおすすめです!文庫本選びの参考にぜひご覧ください。
(2020年7月12日更新)

書店ランキングから売れ筋文庫本をPickup!

ホワイトラビット(新潮文庫)
ホワイトラビット(新潮文庫)
逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂――。予測不能の籠城ミステリー。
発売日:2020/6/24
カエルの楽園2020(新潮文庫)
カエルの楽園2020(新潮文庫)
寓話小説『カエルの楽園』の続編。コロナ禍の日本に投げかける、警告と希望の書。
発売日:2020/6/12
君が夏を走らせる(新潮文庫)
君が夏を走らせる(新潮文庫)
高校も行かずふらふらしている俺が、先輩の小さな子どもの面倒をみる羽目に――。
発売日:2020/6/24
おらおらでひとりいぐも(河出文庫)
おらおらでひとりいぐも(河出文庫)
すべての人生への応援歌。50万部突破の感動作、最強の布陣で映画化決定!
発売日:2020/6/24
カレーライス 教室で出会った重松清(新潮文庫)
カレーライス 教室で出会った重松清(新潮文庫)
決して忘れることはない、子どもたちの心とことばを育ててくれた名作集。
発売日:2020/6/24
満月珈琲店の星詠み(文春文庫)
満月珈琲店の星詠み(文春文庫)
すべての人生への応援歌。50万部突破の感動作、最強の布陣で映画化決定!
発売日:2020/7/8
鹿の王 水底の橋(角川文庫)
鹿の王 水底の橋(角川文庫)
人の命と医療の在り方を問う意欲作!『鹿の王』のその先を描いた命の物語。
発売日:2020/6/12
ゴーストハント1(角川文庫)
ゴーストハント1(角川文庫)
ナルと麻衣が出会い、個性的な霊能者たちが登場する、ミステリ&ホラーシリーズ第1弾。
発売日:2020/6/12
ペスト(新潮文庫)
ペスト(新潮文庫)
爆発的な熱狂をもって迎えられた、『異邦人』に続くカミュの小説第二作。
発売日:1969/10/30
首都感染(講談社文庫)
首都感染(講談社文庫)
強毒性ウイルス出現!感染者の移動を禁止しなければパンデミックは阻止できない――。
発売日:2013/11/15
大河の一滴(幻冬舎文庫)
大河の一滴(幻冬舎文庫)
五木寛之の人間論。覚悟が定まったとき、真の希望と生きる勇気が訪れてくる――。
発売日:1999/3/1
青くて痛くて脆い(角川文庫)
青くて痛くて脆い(角川文庫)
僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える。青春の煌めきと残酷さを描いた青春小説!
発売日:2020/6/12
素敵な日本人(光文社文庫)
素敵な日本人(光文社文庫)
日本人に馴染み深い四季折々の行事を題材にした4編と、異色のミステリ5編を収録!
発売日:2020/4/14
1日10分のごほうび(双葉文庫)
1日10分のごほうび(双葉文庫)
世界各国の17言語に翻訳、ラジオ放送された日本の名短編を収録したアンソロジー。
発売日:2020/3/11
AX アックス(角川文庫)
AX アックス(角川文庫)
最強の殺し屋は――恐妻家。物語の新たな可能性を切り開く、エンタテインメント小説。
発売日:2020/2/21
たゆたえども沈まず(幻冬舎文庫)
たゆたえども沈まず(幻冬舎文庫)
誰も知らない、ゴッホの真実。二人の出会いが、世界を変える一枚を生んだ――。
発売日:2020/4/8

毎年恒例!夏の文庫フェア開催中!

【夏の文庫フェア2020】おすすめ小説&エッセイ36選!
【夏の文庫フェア2020】おすすめ小説&エッセイ36選!
毎年恒例となっている夏の文庫フェア!新潮文庫の100冊、カドフェス、ナツイチ。書店の店頭には文庫本がずらり!そんな文庫本の中からおすすめの小説&エッセイを36冊選んでみました!

書店の文庫本ランキングをCheck!

気になる新刊!おすすめ文庫本

エンディングドレス(ポプラ文庫)
エンディングドレス(ポプラ文庫)
洋裁を通じてバラバラだった心を手繰り寄せた先に待つものは?
発売日:2020/6/4
注文の多い料理小説集(文春文庫)
注文の多い料理小説集(文春文庫)
最高級の鮨&ワイン、鮪の山かけと蕗の薹の味噌汁、カリッカリに焼いたベーコンにロシア風ピクルス…。小説の名手たちが「料理」をテーマに紡いだとびきり美味しいアンソロジー。
発売日:2020/4/8

お気に入り文庫本ベスト10

それからはスープのことばかり考えて暮らした(中公文庫)
1位:それからはスープのことばかり考えて暮らした(中公文庫)
路面電車が走る町に越して来た青年が出会う人々―。いくつもの人生がとけあった「名前のないスープ」をめぐる、ささやかであたたかい物語。
みかづき(集英社文庫)
2位:みかづき(集英社文庫)
学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです―。昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編。
わたしのマトカ(幻冬舎文庫)
3位:わたしのマトカ(幻冬舎文庫)
北欧の国で出会ったのは薔薇色の頬をした温かい人たちだった―。女優・片桐はいりの旅エッセイ。
最低で最高の本屋(集英社文庫)
4位:最低で最高の本屋(集英社文庫)
本の中に広がる世界に憧れた彼は、ひとりアメリカに旅立った―。『暮しの手帖』元編集長・松浦弥太郎の「青春」と「働くこと」についてのエッセイ集。
かもめ食堂(幻冬舎文庫)
5位:かもめ食堂(幻冬舎文庫)
日本人女性のサチエが店主をつとめる、ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。普通だけどおかしな人々が織り成す、幸福な物語。
歩いても、歩いても(幻冬舎文庫)
6位:歩いても、歩いても(幻冬舎文庫)
今日は15年前に亡くなった横山家の長男の命日。老いた両親の家に久し振りに笑い声が響くが、それぞれが家族には言えない小さな後悔を抱いていた―。
昨夜のカレー、明日のパン(河出文庫)
7位:昨夜のカレー、明日のパン(河出文庫)
夫を亡くした嫁と義父は共に暮らし、その死を受け入れていく―。じんわり心にしみてくる連作長編小説。
さいはてにて(集英社文庫)
8位:さいはてにて(集英社文庫)
生き別れた父を待つため、父が残した舟小屋で珈琲店を開いた岬。隣人のシングルマザー・絵里子と彼女の子供たちとふれあううち、独りで生きてきた岬に変化が─。
インド旅行記(幻冬舎文庫)
9位:インド旅行記(幻冬舎文庫)
チューブわさびで体内消毒に励み、持参したウエットティッシュは数知れず。単身インドに乗り込んだ、女優・中谷美紀の泣いて、笑った一人旅の記録。
ミナを着て旅に出よう(文春文庫)
10位:ミナを着て旅に出よう(文春文庫)
ミナ ペルホネン誕生の奇跡がここに。生地からオリジナルで作り上げる唯一無二の服作り。駅伝のチームワークにも似た独自の仕事スタイルとは―。

まだまだあります!おすすめ文庫本

おすすめの文庫本-面白いのは小説だけじゃない!
おすすめの文庫本-面白いのは小説だけじゃない!
小説以外にもおすすめの本はたくさんあります!そこで、その中から主に旅、暮らし、働き方にまつわるエッセイや本を中心に、おすすめの文庫本をご紹介!

おしゃれなブックカバーで読書を楽しもう♪

JOGGO本革ブックカバー
革小物がオーダーメイドでつくれる「JOGGO」の本革ブックカバー。
13色の牛本革からカラーを自由に組み合わせて自分だけのオリジナルのブックカバーを作ることができます。
カラーの組み合わせは、ネット上で簡単にシミュレーションでき、好みのデザインを作成することができます。
内側には名前を入れることができるので、読書好きの方へのプレゼントにもおすすめです!