BOOK TALK ABOUT
旅、暮らし、働き方にまつわる文庫本を中心におすすめの本や雑誌、絵本を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > 【2021年】文庫本おすすめランキング – 通勤読書にもぴったり!

【2021年】文庫本おすすめランキング – 通勤読書にもぴったり!

小説やエッセイなど、書店の文庫本ランキングから気になる文庫本をピックアップしてご紹介してます。
その他、旅、暮らし、働き方にまつわるお気に入りの文庫本ベスト10もご紹介しています。
文庫本は、通勤読書にもおすすめです!文庫本選びの参考にぜひご覧ください。
(2021年10月21日更新)

書店ランキングから売れ筋文庫本をPickup!

フーガはユーガ(実業之日本社文庫)
フーガはユーガ(実業之日本社文庫)
伊坂幸太郎史上、もっとも切なく、でも、あたたかい。双子の兄弟が織りなす、闘いと再生の物語!
発売日:2021/10/7
沈黙のパレード(文春文庫)
沈黙のパレード(文春文庫)
容疑者は女性を愛した普通の人々。彼らの“沈黙”に、天才物理学者・湯川が挑む!
発売日:2021/9/1
元彼の遺言状(宝島社文庫)
元彼の遺言状(宝島社文庫)
僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る――奇妙な遺言状をめぐる遺産相続ミステリー!
発売日:2021/10/6
噛みあわない会話と、ある過去について(講談社文庫)
噛みあわない会話と、ある過去について(講談社文庫)
あなたの「過去」は、大丈夫?無自覚な心の内をあぶりだす「鳥肌」必至の傑作短編集!
発売日:2021/10/15
ある男(文春文庫)
ある男(文春文庫)
愛したはずの夫は、まったくの別人であった――。「マチネの終わりに」の平野啓一郎による、傑作長編。
発売日:2021/9/1
そして、バトンは渡された(文春文庫)
そして、バトンは渡された(文春文庫)
四回も名字が変わった。だが、彼女はいつも愛されていた。2019年本屋大賞受賞作。
発売日:2020/9/2
medium 霊媒探偵城塚翡翠(講談社文庫)
medium 霊媒探偵城塚翡翠(講談社文庫)
ミステリランキング5冠!殺人鬼を追い詰めることができるのは、翡翠の力のみ。だがその魔手は彼女へと迫り――。
発売日:2021/9/15
ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫)
ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫)
巨大施設の知られざるバックステージを舞台に、仕事、家族、恋、そして働く者の誇りを描く青春小説。
発売日:2021/9/29
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(新潮文庫)
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(新潮文庫)
本屋大賞ノンフィクション本大賞受賞、60万人が泣いて笑って感動した大ヒットノンフィクション。
発売日:2021/6/24
マスカレード・ナイト(集英社文庫)
マスカレード・ナイト(集英社文庫)
敵も化けている。決して騙されるな。ホテル最大の危機に名コンビが挑むシリーズ第3弾!
発売日:2020/8/28
むかしむかしあるところに、死体がありました。(双葉文庫)
むかしむかしあるところに、死体がありました。(双葉文庫)
浦島太郎が探偵に!?花咲か爺さん、渾身のメッセージ!昔ばなし×ミステリ全5編!
発売日:2021/9/9
未来(双葉文庫)
未来(双葉文庫)
家にも学校にも居場所のない、追い詰められた子どもたちを待つ未来とは!?
発売日:2021/8/5
狐色のマフラー(光文社文庫)
狐色のマフラー(光文社文庫)
暗躍する社長秘書が仕掛ける罠に、危うし爽香!登場人物が読者と共に年齢を重ねる大人気シリーズ!
発売日:2021/9/14
国宝 (上) 青春篇(朝日文庫)
国宝 (上) 青春篇(朝日文庫)
極道と梨園。生い立ちも才能も違う若き二人の役者が、芸の道に青春を捧げていく芸道小説。
発売日:2021/9/7
三千円の使いかた(中公文庫)
三千円の使いかた(中公文庫)
70代、50代、30代、20代の御厨家の3代にわたる女性たちの節約ストーリー。
発売日:2021/8/20
店長がバカすぎて(ハルキ文庫)
店長がバカすぎて(ハルキ文庫)
谷原京子(契約社員、時給998円)「マジ、辞めてやる!」でも、でも…本を愛する私たちの物語。
発売日:2021/8/10
護られなかった者たちへ(宝島社文庫)
護られなかった者たちへ(宝島社文庫)
不可解な事件の裏に隠された、切なすぎる真実――。骨太社会派ヒューマン・ミステリー。
発売日:2021/7/21
夏の騎士(新潮文庫)
夏の騎士(新潮文庫)
あの夏、ぼくは勇気を手に入れた――。少年たちの成長と小さな恋を描いた少年小説。
発売日:2021/7/28
百花(文春文庫)
百花(文春文庫)
母の記憶が消えゆく中、泉は封印された過去に手を伸ばす──愛と記憶の物語。
発売日:2021/7/7
かがみの孤城 上(ポプラ文庫)
かがみの孤城 上(ポプラ文庫)
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。本屋大賞受賞ほか8冠のベストセラー。
発売日:2021/3/5

書店の文庫本ランキングをCheck!

スポンサードリンク
Kindle Unlimited 3か月199円読み放題

気になる新刊!おすすめ文庫本

水曜日の手紙(角川文庫)
水曜日の手紙(角川文庫)
武道は奥深く、恋はまだほのか。人見知りの女子高生が日本古来の弓道の奥深い魅力に目覚め、新しい世界の扉を開いていく青春エンタテインメント小説。
発売日:2021/10/21
線は、僕を描く(講談社文庫)
凜として弓を引く(講談社文庫)
武道は奥深く、恋はまだほのか。人見知りの女子高生が日本古来の弓道の奥深い魅力に目覚め、新しい世界の扉を開いていく青春エンタテインメント小説。
発売日:2021/10/15
線は、僕を描く(講談社文庫)
線は、僕を描く(講談社文庫)
家族を失い真っ白い悲しみのなかにいた青山霜介は、困惑しながらも水墨の道へ踏み出すことになる――。こころ温まる水墨画小説。
発売日:2021/10/15
どんまい(講談社文庫)
どんまい(講談社文庫)
苦労(ピンチ)のあとこそ、チャンスだ!家族と、仲間と、野球が好きだから――。草野球に、人生の縮図あり!白球と汗と涙の長編小説。
発売日:2021/10/15
ピエロがいる街(講談社文庫)
ピエロがいる街(講談社文庫)
兜市が抱える難題に直面する市長とピエロ。ピエロの正体が判明したとき、物語は鮮やかに反転する!『ルパンの娘』で人気の横関大が送るハートウォーミングな物語。
発売日:2021/10/15
極夜行(文春文庫)
極夜行(文春文庫)
まったく、すべてが想定外だった――。ひとり極夜を旅して、四ヵ月ぶりに太陽を見た。太陽が昇らない冬の北極を、一頭の犬とともに命懸けで体感した探検家の記録。
発売日:2021/10/6
選んだ孤独はよい孤独(河出文庫)
選んだ孤独はよい孤独(河出文庫)
男らしさに馴染めない、不器用で情けなくも、愛すべき男たち。孤独や哀しさにそっと明りを灯す、おかしくも切ない物語集。
発売日:2021/10/5
ソラシド(中公文庫)
ソラシド(中公文庫)
1986年の冬、たしかにこの街にあったもの――。コーヒー、幻のレコード、ダブルベース、デュオ〈ソラシド〉。失ったものを想い、残されたものの未来を紡ぐ物語。
発売日:2021/9/22
地下鉄のザジ 新版(中公文庫)
地下鉄のザジ 新版(中公文庫)
地下鉄に乗ることを楽しみにパリを訪れたお転婆少女ザジ。ストで念願かなわず、街へさまよい出たザジは奇妙な大人たちと一夜を過ごす――。フランス前衛小説の名作。
発売日:2021/9/22
地球にちりばめられて(講談社文庫)
地球にちりばめられて(講談社文庫)
留学中に故郷の島国が消滅してしまった女性Hiruko。大陸で生き抜くため、独自の言語〈パンスカ〉をつくり出し、自分と同じ母語を話す者を捜す旅に出る――。
発売日:2021/9/15
スポンサードリンク
Kindle Unlimited 3か月199円読み放題

お気に入り文庫本ベスト10

それからはスープのことばかり考えて暮らした(中公文庫)
1位:それからはスープのことばかり考えて暮らした(中公文庫)
路面電車が走る町に越して来た青年が出会う人々―。いくつもの人生がとけあった「名前のないスープ」をめぐる、ささやかであたたかい物語。
みかづき(集英社文庫)
2位:みかづき(集英社文庫)
学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです―。昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編。
わたしのマトカ(幻冬舎文庫)
3位:わたしのマトカ(幻冬舎文庫)
北欧の国で出会ったのは薔薇色の頬をした温かい人たちだった―。女優・片桐はいりの旅エッセイ。
最低で最高の本屋(集英社文庫)
4位:最低で最高の本屋(集英社文庫)
本の中に広がる世界に憧れた彼は、ひとりアメリカに旅立った―。『暮しの手帖』元編集長・松浦弥太郎の「青春」と「働くこと」についてのエッセイ集。
かもめ食堂(幻冬舎文庫)
5位:かもめ食堂(幻冬舎文庫)
日本人女性のサチエが店主をつとめる、ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。普通だけどおかしな人々が織り成す、幸福な物語。
歩いても、歩いても(幻冬舎文庫)
6位:歩いても、歩いても(幻冬舎文庫)
今日は15年前に亡くなった横山家の長男の命日。老いた両親の家に久し振りに笑い声が響くが、それぞれが家族には言えない小さな後悔を抱いていた―。
昨夜のカレー、明日のパン(河出文庫)
7位:昨夜のカレー、明日のパン(河出文庫)
夫を亡くした嫁と義父は共に暮らし、その死を受け入れていく―。じんわり心にしみてくる連作長編小説。
さいはてにて(集英社文庫)
8位:さいはてにて(集英社文庫)
生き別れた父を待つため、父が残した舟小屋で珈琲店を開いた岬。隣人のシングルマザー・絵里子と彼女の子供たちとふれあううち、独りで生きてきた岬に変化が─。
インド旅行記(幻冬舎文庫)
9位:インド旅行記(幻冬舎文庫)
チューブわさびで体内消毒に励み、持参したウエットティッシュは数知れず。単身インドに乗り込んだ、女優・中谷美紀の泣いて、笑った一人旅の記録。
ミナを着て旅に出よう(文春文庫)
10位:ミナを着て旅に出よう(文春文庫)
ミナ ペルホネン誕生の奇跡がここに。生地からオリジナルで作り上げる唯一無二の服作り。駅伝のチームワークにも似た独自の仕事スタイルとは―。

夏の文庫フェア2021&おすすめ文庫本

【夏の文庫フェア2021】おすすめ小説&エッセイ36選!
【夏の文庫フェア2021】おすすめ小説&エッセイ36選!
毎年恒例となっている夏の文庫フェア!新潮文庫の100冊、カドフェス、ナツイチ。書店の店頭には文庫本がずらり!そんな文庫本の中からおすすめの小説&エッセイを36冊選んでみました!
おすすめの文庫本-面白いのは小説だけじゃない!
おすすめの文庫本-面白いのは小説だけじゃない!
小説以外にもおすすめの本はたくさんあります!そこで、その中から主に旅、暮らし、働き方にまつわるエッセイや本を中心に、おすすめの文庫本をご紹介!