BOOK TALK ABOUT
旅、暮らし、働き方にまつわる文庫本を中心におすすめの本や雑誌、絵本を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > 何度も読み返してしまう!おすすめエッセイ20選

何度も読み返してしまう!おすすめエッセイ20選

いろんなジャンルの本がある中で、特に大好物なのがエッセイ!
主に、旅や暮らし、食にまつわるエッセイをよく読んでいます。

お気に入りのエッセイは一度読んでも、ある時また読みたくなり読み返してしまいます。
そんなお気に入りのエッセイの中から、特におすすめのエッセイを20冊選んでみました!
その他、今までに読んだ中で面白かったおすすめのエッセイもご紹介しています。

エッセイ好きな方はもちろん、エッセイを読んだことがない方も、ぜひチェックしてみてください。
ちょっと気になる本があったら、自分の直観を信じて読んでみましょう!

何度も読み返してしまう!おすすめエッセイ20選

わたしのマトカ/片桐はいり(幻冬舎文庫)

わたしのマトカ(幻冬舎文庫)
映画の撮影で滞在したフィンランドの日々を綴ったエッセイ。
サルミアッキの味に驚愕、トラムの運転手さんの親切に涙、フィンランドのおふくろの味に舌鼓…。
北欧の国で出会ったのは薔薇色の頬をした温かい人たちだった―。

東京百景/又吉直樹(角川文庫)

東京百景(角川文庫)
ピース・又吉直樹、すべての東京の屍に捧ぐ。
すれ違う怪しい人物たち、なんでもない美しい風景、行き場のない気持ち…。
上京してからの何者でもない日々、そして芸人として活躍する日々を綴った自伝的エッセイ。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬/若林正恭(単行本)

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬(単行本)
オードリー若林の新境地!最後はホロリと泣ける、書き下ろしエッセイ!
航空券予約サイトで見つけた、たった1席の空席。
何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った――。

深夜特急1/沢木耕太郎(新潮文庫)

深夜特急1(新潮文庫)
いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ!
香港では街の熱気に酔い痴れ、マカオではサイコロ賭博に魅せられ、あわや…。
一年以上にわたるユーラシア放浪が、いま始まった―。

グッド・フライト、グッド・ナイト/マーク・ヴァンホーナッカー(ハヤカワ文庫NF)

グッド・フライト、グッド・ナイト(ハヤカワ文庫NF)
雲の上は、信じられないほど感動に満ちている―。
高度3万フィートから見下ろす地球の絶景、精緻さとダイナミックさを併せ持つジェット機の神秘…。
世界中を飛び回る現役パイロットが空と飛行機について語り尽くす、極上のエッセイ。

父の詫び状/向田邦子(文春文庫)

父の詫び状(文春文庫)
だれの胸の中にもある父のいる懐かしい家庭の息遣い。
宴会帰りの父の赤い顔、母に威張り散らす父の高声、朝の食卓で父が広げた新聞…。
明治の父を中心にした日本の典型的家族風景をユーモアを交じえて綴ったエッセイの最高傑作。

本を贈る/牟田都子ほか(単行本)

本を贈る(単行本)
作家から取次、本屋まで、贈るように本をつくり、本を届ける10人によるエッセイ集。
本は「商品」として工業的に生産、流通、消費されている。
本は確かに商品だが、しかし、それは同時に、宛先のある「贈りもの」でもある―。

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々/ジェレミー マーサー(河出文庫)

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々(河出文庫)
パリ左岸にある書店、シェイクスピア・アンド・カンパニー。
貧しい作家や詩人の避難所として無料でベッドと食事を提供し、ヘンリー・ミラー、ギンズバーグらも集った伝説の書店。
二代目の店に偶然住み着いた元新聞記者が綴った書店エッセイ。

コルシア書店の仲間たち/須賀敦子(文春文庫)

コルシア書店の仲間たち(文春文庫)
1950年代の半ば、イタリアへ留学、ミラノのコルシア書店に仲間として迎え入れられる。
理想の共同体を夢みる三十代の友人たち、かいま見た貴族の世界、ユダヤ系一家の物語…。
書店の人々をめぐる情景を流麗に描いたエッセイ。

最低で最高の本屋/松浦弥太郎(集英社文庫)

最低で最高の本屋(集英社文庫)
好きなことは本を読むこと。高村光太郎の詩集、そしてケルアックの『路上』。
本の中に広がる世界に憧れた彼は、ひとりアメリカに旅立った―。
多くの若者に支持される著者が綴った青春と「働くこと」についてのエッセイ。

ひとり暮らし/谷川俊太郎(新潮文庫)

ひとり暮らし(新潮文庫)
毎日の生活のなかで、ふと思いを馳せる父と母、恋の味わい、そして老いの面白味。
悲しみも苦しみもあっていいから、歓びを失わずに死ぬまで生きたい―。
詩人の日常を綴ったユーモラスな名エッセイ。

高山ふとんシネマ/高山なおみ(幻冬舎文庫)

高山ふとんシネマ(幻冬舎文庫)
今あったことはさっきになり、そのうち過去となって、忘れ去られる――。
この世に確かなものなどあるんだろうか?
そんな問いを繰り返しながら布団の中で見たり聞いたりした映画や音楽、本について綴ったエッセイ集。

村上朝日堂/村上春樹(新潮文庫)

村上朝日堂(新潮文庫)
ビールと引越しとヤクルト・スワローズが好きで、蟻と毛虫とフリオ・イグレシアスが嫌い。
あるときはムーミン・パパに、またあるときはロンメル将軍に思いを馳せる。
そんな村上春樹ワールドを、安西水丸画伯のイラストが彩ります。
詩人の日常を綴ったユーモラスな名エッセイ。

いつも旅のなか/角田光代(角川文庫)

いつも旅のなか(角川文庫)
仕事も名前も年齢も、なんにも持っていない自分に会いにゆこう。
ロシアで怒鳴られながら激しい尿意に耐え、キューバでは人々にしみこんだ音楽とリズムに驚く。
五感と思考をフル活動させ、世界中を歩き回る旅を、臨場感たっぷりに描いたエッセイ集。

インド旅行記1/中谷美紀(幻冬舎文庫)

インド旅行記1(幻冬舎文庫)
女優・中谷美紀さんの38日間のインド一人旅の記録。
チューブわさびで体内消毒に励み、持参したウエットティッシュは数知れず―。
行く先々で出合った愉快な人々、トホホな事件、そんな涙と笑いの日々が綴られています。

ねにもつタイプ/岸本佐知子(ちくま文庫)

ねにもつタイプ(ちくま文庫)
翻訳家・岸本佐知子の頭の中を覗くような可笑しなエッセイ集。
郵便局での決闘、新たなるオリンピック競技の提案、バンドエイドとの正しい闘い方―。
奇想、妄想たくましく、リズミカルな名文で綴るエッセイ集。

ことばの食卓/武田百合子(ちくま文庫)

ことばの食卓(ちくま文庫)
名随筆『富士日記』の著者・武田百合子さんの食にまつわるエッセイ集。
なにげない日常の光景やキャラメル、枇杷…。
食べものに関する昔の記憶と思い出を感性豊かな文章で綴られています。

日々の100/松浦弥太郎(集英社文庫)

日々の100(集英社文庫)
元「暮しの手帖」編集長、そして文筆家・書店店主である著者が選んだ、愛着の100品。
何気ない日常のアイテムから、大事な宝物まで、愛すべきモノたちとの出合いや記憶―。
その出合いや記憶を、自ら撮影した写真とともに心豊かに綴る随筆集。

ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう/はな(幻冬舎文庫)

ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう(幻冬舎文庫)
モデルのはなちゃんが、京都と奈良、20の寺を実際に訪ねて、仏像の魅力を書き下ろしたエッセイ。
仏像のブロマイドを見てはドキドキ、理想のタイプである東寺の帝釈天さまと旅する自分を妄想してはニヤニヤ…。
吉祥天、弥勒菩薩、百済観音など、仏像さまへの熱い熱い思いが綴られています!

美しき日本の残像/アレックス・カー(朝日文庫)

美しき日本の残像(朝日文庫)
書画骨董、歌舞伎、古都を愛する一風かわったアメリカ人の日本美見聞録。
四国の平家の落人の里に民家を買って城と称し、日頃は京都・亀岡の天満宮の庵に暮す―。
愛情と憂いをもって日本の現実の姿が描かれた、司馬遼太郎氏も絶賛した随筆集です。

その他の読んで面白かったおすすめエッセイ

あやうく一生懸命生きるところだった(単行本)
あやうく一生懸命生きるところだった(単行本)
全力で走り続けることを辞めたことで見えてきた、自分をすり減らす毎日から抜け出し、自分らしく生きるコツとは?韓国で話題のベストセラーエッセイ!
第2図書係補佐(幻冬舎よしもと文庫)
第2図書係補佐(幻冬舎よしもと文庫)
自分の生活の傍らに常に本という存在がある。尾崎放哉、太宰治、江戸川乱歩などの作品紹介を通して自身を綴る、ピース又吉さんのエッセイ集。
なんらかの事情(ちくま文庫)
なんらかの事情(ちくま文庫)
これはエッセイ?ショート・ショート?それとも妄想という名の暴走?エッセイと呼ぶにはあまりに奇妙で可笑しな物語!
旅の窓(幻冬舎文庫)
旅の窓(幻冬舎文庫)
初めて眼にする風景、いつしかそれは自分自身を写し出していた―。81篇の沢木耕太郎もう一つの旅のフォトエッセイ。
もぎりよ今夜も有難う(幻冬舎文庫)
もぎりよ今夜も有難う(幻冬舎文庫)
映画が活況だった頃の懐かしい思い出や、旅先の映画館での温かいエピソードをユーモアとペーソスを交えて綴る名エッセイ。
富士日記(上) 新版(中公文庫)
富士日記(上) 新版(中公文庫)
名著『富士日記』の新版!夫・武田泰淳と過ごした富士山麓での十三年間の日々を綴った日記。巻末に関連エッセイ、大岡昇平「山の隣人」、武田泰淳「山麓のお正月」を収録。
日曜日の住居学(河出文庫)
日曜日の住居学(河出文庫)
本当に住みやすい家とは―。個々の家庭環境に応じた暮しの実相の中から、理想の住まいをつくる手がかりをまとめたエッセイ集。
紙さまの話(単行本)
紙さまの話(単行本)
家族からの手紙、旅先での切手、美しい装幀の本、憧れの菓子の包装紙……、紙をめぐるクリエイターら約25人の紙と人の物語。
文房具56話(ちくま文庫)
文房具56話(ちくま文庫)
消しゴムで作ったゴム印、指先で糊をのばす風景、鳩目パンチ、吸取紙など、文房具の想い出や新たな発見、工夫や悦びを語る随想集。
杏のふむふむ(ちくま文庫)
杏のふむふむ(ちくま文庫)
歴女の第一歩を踏み出した中学時代、単身海外にモデル修業に行った頃…。NHK連続テレビ小説のヒロインを演じ国民的な女優となった杏さんのエッセイ集。
暮しの眼鏡(中公文庫)
暮しの眼鏡(中公文庫)
『暮しの手帖』初代編集長の随筆集。本当の豊かさとは?衣食住、風俗など、身近なできごとからユーモアとエスプリたっぷりに世の中にもの申す!
書店繁盛記(ポプラ文庫)
書店繁盛記(ポプラ文庫)
本屋さんの棚には、私たちの未来がつまっている―。カリスマ書店員が、若い書店員たちの奮闘を綴ったエッセイ集。

まだまだあります!おすすめエッセイ

小説だけじゃない!村上春樹のおすすめエッセイ・ベスト5
小説だけじゃない!村上春樹のおすすめエッセイ・ベスト5
村上春樹と言えば、本好きなら誰もが知っているベストセラー作家。実は小説だけじゃなく、エッセイもすごく面白くておすすめなのです!
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ8選!<ワールドワイド編>
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ8選!<ワールドワイド編>
ワールドワイド編では、アジア、アメリカ、アフリカ、ヨーロッパなど、世界各地の旅気分が味わえる、おすすめの旅エッセイをご紹介します!
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ4選!<アジア編>
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ4選!<アジア編>
アジア編では、日本、インド、タイなど、アジア各地の旅気分が味わえる、おすすめの旅エッセイをご紹介します!
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ5選!<北欧・ヨーロッパ編>
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ5選!<北欧・ヨーロッパ編>
北欧・ヨーロッパ編では、イギリス、スペイン、フィンランドなど、北欧やヨーロッパ各地の旅気分が味わえる、おすすめの旅エッセイをご紹介します!
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ3選!<アメリカ編>
本を開いて旅に出よう!おすすめの旅エッセイ3選!<アメリカ編>
アメリカ編では、ニューヨーク、サンフランシスコ、ハワイなど、アメリカ各地の旅気分が味わえる、おすすめの旅エッセイをご紹介します!
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ9選!<女性作家・著者編>
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ9選!<女性作家・著者編>
女性作家・著者編では、女性の作家、エッセイスト、料理家などが綴った、おすすめの食エッセイをご紹介します!
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ8選!<男性作家・著者編>
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ8選!<男性作家・著者編>
男性作家・著者編では、男性の作家、エッセイスト、料理家などが綴った、おすすめの食エッセイをご紹介します!
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ6選!<アンソロジー編>
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ6選!<アンソロジー編>
アンソロジー編では、作家、エッセイスト、料理家などの食の話がつまった、おすすめのエッセイ・アンソロジーをご紹介します!