BOOK TALK ABOUT
旅、暮らし、働き方にまつわる文庫本を中心におすすめの本や雑誌、絵本を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > おすすめ本まとめ > 火花だけじゃない!?芥川賞作家・ピース又吉のおすすめ本5選!

火花だけじゃない!?芥川賞作家・ピース又吉のおすすめ本5選!

おすすめ本まとめ

お笑い界きっての読書家であり、いまや天才作家のピース・又吉直樹さん。
第153回芥川賞を受賞し、2015年の話題をさらった「火花」も文庫化。

そんな又吉直樹さんですが、「火花」だけじゃなく、エッセイもすごく面白くておすすめです!
特に、『東京百景』と『第2図書係補佐』は個人的にもお気に入りの一冊です。

そして、2017年5月には小説第2作目となる「劇場」が、2019年10月には初の長編小説「人間」も発売されました!

第153回芥川賞受賞作品『火花』

火花
ピース・又吉直樹のデビュー小説。
売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。
そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は―。
命を燃やす天才芸人の輝きと挫折。
「笑い」の怖さと、青春の残酷を描き切った渾身作。

ピース又吉のおすすめ本5選!

ピース・又吉直樹の初の長編小説!
『人間』

人間
ピース・又吉直樹の初の長編小説。
僕達は人間をやるのが下手だ。
38歳の誕生日に届いた、ある騒動の報せ。
何者かになろうとあがいた季節の果てで、かつての若者達を待ち受けていたものとは?

又吉直樹の恋愛小説
『劇場』

劇場
ピース・又吉直樹の小説第2作。
演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。
夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った―。
夢と現実のはざまでもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う。
切なくも胸にせまる恋愛小説。

上京してからの日々を綴った100編の物語
『東京百景』又吉直樹

東京百景
稀代の書生芸人・ピース・又吉直樹の自伝的エッセイ。
すれ違う怪しい人物たち、なんでもない美しい風景、行き場のない気持ち…。
上京してからの日々、そして芸人として活躍する日々が100編の物語で綴られた一冊です。

読んだ本に因んだ自身の想いを綴ったエッセイ集
『第2図書係補佐』又吉直樹

第2図書係補佐
お笑い界きっての本読み、ピース・又吉直樹のパーソナル・エッセイ集。
「高円寺純情商店街」「人間失格」「宇田川心中」など、今までに読んだ本に因んだ自身の想いが綴られています。
自分の経験や暗い過去、周囲の特異な人物など、面白いエピソードが満載の一冊です。

ピース又吉が迷い込む漢字ワールド!!
『新・四字熟語』又吉直樹

新・四字熟語
ピース・又吉直樹が考え気鋭書家が表現した新・四字熟語120。
鈴虫炒飯、構内抱擁、恋文炎上、放屁和解、肉村八分、幹事横領…。
ピース又吉が迷い込む漢字ワールド!!

ピース又吉さんがおすすめする本

【アメトーク!読書芸人】ピース・又吉さんが選んだおすすめ本10冊!
【アメトーク!読書芸人】ピース・又吉さんが選んだおすすめ本10冊!
読書芸人として出演されたピース又吉さん、オアシズ光浦さん、オードリー若林さんが、それぞれおすすめ本10冊を紹介していました。
新潮文庫フェア・ピース又吉が愛してやまない20冊!
新潮文庫フェア・ピース又吉が愛してやまない20冊!
2015年5月の新潮文庫フェア「ピース又吉が愛してやまない20冊」で紹介された本を、備忘録を兼ねてまとめてみました。
新潮文庫フェア・ピース又吉がむさぼり読む新潮文庫20冊!
新潮文庫フェア・ピース又吉がむさぼり読む新潮文庫20冊!
2013年5月の新潮文庫フェア「ピース又吉がむさぼり読む新潮文庫20冊」で紹介された本を、備忘録を兼ねてまとめてみました。