BOOK TALK ABOUT
旅、暮らし、働き方にまつわる文庫本を中心におすすめの本や雑誌、絵本を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > 【2022年】今月のおすすめ本&雑誌<毎日更新!?>

【2022年】今月のおすすめ本&雑誌<毎日更新!?>

トップページの「本日のPickup!おすすめ本」でご紹介している本や雑誌の過去1ヶ月分をまとめています。
小説やエッセイ、ガイドブック、絵本、写真集など、ジャンルを問わずご紹介しています。
チャックし忘れた日の本など、ぜひチェックしてみてください。
基本的には毎日更新!たまにお休み。。。

2022年6月28日-2022年5月29日のおすすめ本&雑誌

2022年6月28日

RiCE 2022年7月号(雑誌)
RiCE 2022年7月号(雑誌)
特集は「スパイスの旅、カレーの謎」。絶品スリランカカレー、本場チキンカレー10種……謎と魅惑に満ちたスパイスの旅に出かけよう!

2022年6月27日

台所図鑑 キッチンには人生がつまっている(単行本)
台所図鑑 キッチンには人生がつまっている(単行本)
33人の等身大の愛すべき台所。十人十色な住人さんの「生き方」や「趣味趣向」を、家で一番生活感が出るであろうキッチンからノゾキミさせてもらおう!

2022年6月26日

明日は日曜日(ちくま文庫)
明日は日曜日(ちくま文庫)
とある会社の総務課を舞台に、社内外で起こるドタバタ事件をほのぼの、ユーモラスに描いた13編の連作からなる昭和のラブコメディ。

2022年6月25日

父が子に伝える 13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方(単行本)
父が子に伝える 13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方(単行本)
子どもに、これだけは教えたいこと、これだけ教えればいいこと。シンプルかつユニーク、そして一生モノのお金の教育法。

2022年6月24日

知らないと恥をかく世界の大問題13(角川新書)
知らないと恥をかく世界の大問題13(角川新書)
プーチン暴走。世界は止められないのか?現代史の大転換点。アメリカ、中国、ロシアの思惑はどこに?激動の時代に欠かせないニュース解説本!

2022年6月23日

任侠楽団(単行本)
任侠楽団(単行本)
問題だらけのオーケストラを立て直しにきたら……まさかの事件発生で、阿岐本組、大ピンチ!?ヤクザが人と会社を立て直す「任侠」シリーズ第6弾!

2022年6月22日

世界はフムフムで満ちている(ちくま文庫)
世界はフムフムで満ちている(ちくま文庫)
海女、石工、コンビニ店長、左官、ピアノ調律師……。仕事の達人のノビノビ生きるコツを拾い集めた達人観察図鑑。楽しいイラスト満載!

2022年6月21日

フィンランドは今日も平常運転(だいわ文庫)
フィンランドは今日も平常運転(だいわ文庫)
フィンランド人と結婚し、夫・子供2人とヘルシンキに暮らし早数年。個性あふれでるフィンランドの人々をユーモアたっぷりに描いた赤裸々エッセイ。

2022年6月20日

&Premium 2022年8月号(雑誌)
&Premium 2022年8月号(雑誌)
特集は「心を揺さぶる、アートの力」。そもそもアートって?私を揺さぶったアート、太陽の塔、縄文、手工芸、小さな個性派美術館。

2022年6月19日

ランチ酒 おかわり日和(祥伝社文庫)
ランチ酒 おかわり日和(祥伝社文庫)
寂しさを癒すのは夜勤明けの「ランチ酒」。心温まる人間模様、美味しい料理と酒の三位一体が味わえる口福小説第2弾。

2022年6月18日

純喫茶トルンカ(徳間文庫)
純喫茶トルンカ(徳間文庫)
東京・谷中の路地裏にある小さな喫茶店『純喫茶トルンカ』を舞台にした、3つのあたたかな物語。ほろ苦くてやさしい傑作小説、待望の新装版。

2022年6月17日

パンチパーマの猫(文春文庫)
パンチパーマの猫(文春文庫)
年間の食費が1千万円、ダイエットには赤パンが効く……日常で出会ったおかしな人、変な習慣。心が明るくなる爽快エッセイ集!

2022年6月16日

東京の懐かしくて新しい暮らし365日(単行本)
東京の懐かしくて新しい暮らし365日(単行本)
巡りゆく日々の中で見つけたとびきりのお気に入りたち。知らなかった東京を発見し、知っている東京をより深く味わってみませんか。

2022年6月15日

本屋という仕事(単行本)
本屋という仕事(単行本)
本屋は焚き火である。本と人が集い、直接触れあえる場所。人はなぜ本屋をたずねるのか?本屋が生み出す新しい価値とは?18人の書店員が語る本屋の仕事。

2022年6月14日

あしたから出版社(ちくま文庫)
あしたから出版社(ちくま文庫)
就職はあきらめた。本をつくることに決めた。ひとり出版社、夏葉社の舞台裏。「四五歳のぼく」など新たに2篇を増補し文庫化。

2022年6月13日

TRANSIT 56号(ムック)
TRANSIT 56号(ムック)
特集は「美しき世界の山を旅しよう!」。アルプス、アンデス、ヒマラヤ、ロッキー山脈……世界中の山と人間との関わりを見つめる旅へ。石川直樹ヒマラヤポスター付き。

2022年6月12日

『FMステーション』とエアチェックの80年代(河出文庫)
『FMステーション』とエアチェックの80年代(河出文庫)
FM雑誌片手にエアチェック、カセットをドレスアップし、読者欄に投稿――元『FMステーション』編集長が表も裏も語り尽くす、80年代FM雑誌青春記!

2022年6月11日

世界の市場(単行本)
世界の市場(単行本)
おいしい!たのしい!24のまちでお買いもの。あの国ではどんな食べものが売られているんだろう?食や環境、地域性を学べる絵本。

2022年6月10日

POPEYE 2022年7月号(雑誌)
POPEYE 2022年7月号(雑誌)
特集は「僕の沖縄地図」。那覇、北谷、普天間、コザ、民藝、やんばる…。都会だったりワイルドだったり、とにかく隅々まで歩いて作った173か所の沖縄案内。

2022年6月9日

本とはたらく(単行本)
本とはたらく(単行本)
だれのために本はある?中学校を辞めてインドに学び、独学でデザインをはじめ、自ら本をつくり届ける装丁家が見てきたもの。『偶然の装丁家』(晶文社 2014年刊)の改題改訂増補。

2022年6月8日

やりなおし世界文学(単行本)
やりなおし世界文学(単行本)
ギャツビーって誰?名前だけは知っていたあの名作、実はこんなお話だったとは!古今東西92作の物語のうまみと面白みを引き出し、読むと元気になれる世界文学案内。

2022年6月7日

奇跡集(単行本)
奇跡集(単行本)
同じ電車の同じ車両に、たまたま乗り合わせた見しらぬ男女たちがつなぐ、幸せのふしぎスイッチ。小さいけれど確かに人生を左右する(かもしれない)7つのミラクルを描く、連作短編小説!

2022年6月6日

とあるひととき 作家の朝、夕暮れ、午後十一時(単行本)
とあるひととき 作家の朝、夕暮れ、午後十一時(単行本)
三浦しをん、角田光代、池澤夏樹、吉本ばなな、浅田次郎……14人の人気作家が一日の3つの時間帯を絶妙に描いたエッセイアンソロジー。

2022年6月5日

ディック・ブルーナ 永遠のデザインとことば(単行本)
ディック・ブルーナ 永遠のデザインとことば(単行本)
ディック・ブルーナの言葉とあたたかくかわいいイラストが詰まった名著復刊!子どもから大人まで読める、永遠に語り継いでいきたい哲学とデザイン。

2022年6月4日

Casa BRUTUS特別編集 時代を超えて愛される、デザインの良い車。(ムック)
Casa BRUTUS特別編集 時代を超えて愛される、デザインの良い車。(ムック)
大切に乗り継ぎたい、佇まいの良い車カタログ。選んだ基準は、道具が所作を作る、優れた日用品のようなクルマ。

2022年6月3日

WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」(単行本)
WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」(単行本)
いま、あなたに求められているのは、「任せる勇気」と「頼られる力」。仲間づくりこそ最強の成功戦略だ!組織と個人のポテンシャルを最大限引き出す現代型リーダーの思考法。

2022年6月2日

圏外編集者(ちくま文庫)
圏外編集者(ちくま文庫)
編集に“術”なんてない――。自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた「半生」とともに語られる「編集」という仕事の面白さと本質。

2022年6月1日

ちゃぶ台9(単行本)
ちゃぶ台9(単行本)
特集は「書店、再び共有地」。現代に生きる「共有地」たりうる本屋さんを渾身取材!特集対談は、平川克美×辻山良雄「小商いをはじめたら、共有地ができてしまった」。

2022年5月31日

韓国の「街の本屋」の生存探究(単行本)
韓国の「街の本屋」の生存探究(単行本)
本屋巡りが注目を集める一方で、日々どこかで本屋が店を閉じている韓国。本屋が息づくと、その街が息づく。奮闘する街の本屋の姿を描き話題となったノンフィクション。

2022年5月30日

カゲロボ(新潮文庫)
カゲロボ(新潮文庫)
何者でもない自分の人生を、誰かが見守ってくれているのだとしたら。共に怒ってくれるとしたら。木皿泉が贈る、心揺さぶる連作短編集。

2022年5月29日

かわいい見聞録(集英社文庫)
かわいい見聞録(集英社文庫)
毛玉、猫のしっぽ、さくらんぼ、シャーペンの芯…世界がこんなにも“かわいい”で溢れていたなんて!そのかわいさのヒミツを探るコミック&エッセイ。
スポンサードリンク

これまでの「今月のおすすめ本」から20冊をPickup!

評伝 ナンシー関(中公文庫)
評伝 ナンシー関(中公文庫)
心に一人のナンシーを。リリー・フランキー、宮部みゆきなど多彩なインタビューでその生涯に迫る。異能の消しゴム版画家・ナンシー関の傑作評伝が待望の復刊。
中野ブロードウェイ物語(単行本)
中野ブロードウェイ物語(単行本)
日常の向こう側へ。活況のインバウンドとコロナ禍を経て、昭和の不沈艦は今なおアメーバ的進化を続ける。当地に暮らす著者がその全貌に迫った異色ルポ。
今宵も喫茶ドードーのキッチンで。(双葉文庫)
今宵も喫茶ドードーのキッチンで。(双葉文庫)
毎日がんばるあなたをいたわるメニュー、あります。おひとりさま専用カフェの店主が作る絶品料理に、心がくつろぐ物語。
わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」(講談社文庫)
わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」(講談社文庫)
沖縄生まれの両親の手料理、東京で食べる沖縄料理…たべものが連れてくる懐かしい思い出に、おなかも心も満たされる名エッセイ集。
燃えよ、あんず(小学館文庫)
燃えよ、あんず(小学館文庫)
人生、何が起こるかわからない(本当に)。下北沢にある小さな書店・フィクショネスに集う、ぽんこつたちの人生の喜悲劇。
高架線(講談社文庫)
高架線(講談社文庫)
部屋を出るときは、次の入居者を探すのがルールの古アパート「かたばみ荘」二号室の住人をめぐる十六年の物語。芥川賞作家の滝口悠生、初の長編小説。
私の好きな孤独(潮文庫)
私の好きな孤独(潮文庫)
音楽、珈琲、旅、酒、読書──。孤独を慈しみ味わうために必要な「小道具」たちをモチーフに、詩情豊かに紡がれた大人のためのエッセー集!
そして、ぼくは旅に出た。(文春文庫)
そして、ぼくは旅に出た。(文春文庫)
まわり道しなければ、たどり着けない場所がある――。世界的な写真家に弟子入りを志願するため、単身アメリカに旅立った若き日の著者の、人生を決めた旅立ちの物語。
家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方(単行本)
家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方(単行本)
インテリア、料理、庭仕事、散歩……暮らすを趣味に変える。北欧に縁のある日本出身の妻、日本が好きな北欧出身の夫。それぞれの選択の先にあった今の暮らし。
古本食堂(単行本)
古本食堂(単行本)
神保町の小さな古書店が舞台の絶品グルメ×優しい人間ドラマ。カレーや中華やお鮨など、神保町の美味しい食と心温まる人情と本の魅力が一杯つまった幸せな物語。
花屋さんが言うことには(単行本)
花屋さんが言うことには(単行本)
24歳、ブラック企業勤務。身も心も疲れ果てていた紀久子は、酔っぱらった勢いで駅前のお花屋さんで働くことに――。町のお花屋さんを舞台にした心温まるお仕事小説。
イギリスの飾らないのに豊かな暮らし 365日(単行本)
イギリスの飾らないのに豊かな暮らし 365日(単行本)
英国の人たちから学びたい、毎日を心地よく過ごすための鍵。ルイス・キャロルの哲学が息づく国の何気ないけれど愛おしい毎日。
これでいくほかないのよ(単行本)
これでいくほかないのよ(単行本)
フォークランドと広東省で驚くべき偶然を経験した写真家、町に団子屋を復活させようと動き出すホステスとバンドマン……。ふとした会話と、少しのつながりから生まれる八編の短編集。
サステイナブルに暮らしたい(単行本)
サステイナブルに暮らしたい(単行本)
持続可能な暮らしのノウハウや生き方を綴ったエッセイ&生活実用書。高知の山のふもとに暮らす翻訳者・服部雄一郎とその家族の、無理なく楽しむシンプルで心地よい暮らしのヒント集。
新編 閑な老人(中公文庫)
新編 閑な老人(中公文庫)
人はいつ死ぬかわからない、だからこそ生きているだけで面白い――。これが理想の老後かも?日常を独特の味わいで綴った短編と随筆。
いきたくないのに出かけていく(角川文庫)
いきたくないのに出かけていく(角川文庫)
インド、スペイン、香港……旅先で出会う日常と非日常――。旅好き作家・角田光代が行く先々を歩き回り、走り、感じたあれこれが詰まった旅エッセイ第2弾!
わるい食べもの(集英社文庫)
わるい食べもの(集英社文庫)
「食」をテーマに幼少期の記憶から創作の裏側、世の中への疑問まで、多彩にそしてちょっぴり偏屈に綴った、食いしん坊作家の気高く勇敢な食エッセイ。
作家と珈琲(単行本)
作家と珈琲(単行本)
毎日の食卓で、行きつけの喫茶店で、異国の地で味わう、一杯の珈琲。茨木のり子、植草甚一、池波正太郎、花森安治、村田沙耶香、高山なおみ……珈琲の香りただよう52編。
意地でも旅するフィンランド(幻冬舎文庫)
意地でも旅するフィンランド(幻冬舎文庫)
暗黒の冬から逃れ日差しを求め目指すはスペイン、ドバイ、モルディブ、エストニア、スコットランド、でもそこでは――。想定外こそ旅の醍醐味!ヘルシンキ在住夫婦の珍道中旅エッセイ。
そして旅にいる(幻冬舎文庫)
そして旅にいる(幻冬舎文庫)
心の隙間に、旅はそっと寄り添ってくれる。北海道、伊豆から香港、ハワイ、ニュージーランドまで。国内外を舞台にした珠玉の旅小説8篇。

まだまだあります!おすすめ本&雑誌

文庫本おすすめランキング2022-通勤読書にもぴったり!
文庫本おすすめランキング2022-通勤読書にもぴったり!
小説やエッセイなど、書店の文庫本ランキングから気になる文庫本をピックアップ!お気に入りの文庫本ベスト10も!
おすすめの文庫本をピックアップ!面白いのは小説だけじゃない!
おすすめの文庫本をピックアップ!面白いのは小説だけじゃない!
小説以外にもおすすめの本はたくさんあります!そこで、その中から主に旅、暮らし、働き方にまつわるエッセイや本を中心に、おすすめの文庫本をご紹介!
おすすめの単行本&新書をピックアップ!面白いのは小説だけじゃない!
おすすめの単行本&新書をピックアップ!面白いのは小説だけじゃない!
小説以外にもおすすめの本はたくさんあります!そこで、その中から主に旅、暮らし、働き方にまつわるエッセイや本を中心に、おすすめの単行本&新書をご紹介!
おすすめの雑誌&ムックをピックアップ!旅や暮らしが楽しくなる!
おすすめの雑誌&ムックをピックアップ!旅や暮らしが楽しくなる!
主に旅、暮らし、働き方にまつわる本を中心に、おすすめの雑誌やムックをご紹介。雑誌やムックは、休日やコーヒータイム、ちょっと一息つきたいときのお供にぴったりです!