BOOK TALK ABOUT
文庫本の小説やエッセイを中心に、おすすめの本や雑誌を紹介する本の情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
ホーム > 【2024年】今月のおすすめ本&雑誌<毎日更新!?>

【2024年】今月のおすすめ本&雑誌<毎日更新!?>

  • ※アフィリエイトプログラムを利用しています

トップページの「本日のPickup!おすすめ本」でご紹介している本や雑誌の過去1ヶ月分をまとめています。
小説やエッセイ、ガイドブック、絵本、写真集など、ジャンルを問わずご紹介しています。
チャックし忘れた日の本など、ぜひチェックしてみてください。
基本的には毎日更新!たまにお休み。。。

2024年6月18日-2024年5月19日のおすすめ本&雑誌

2024年6月18日
しつこく わるい食べもの(集英社文庫)
しつこく わるい食べもの(集英社文庫)
いいさ、いいさ、いまくらい好きなものを食べるがいいさ。偏屈でめんどくさい食いしん坊作家の食エッセイ、シリーズ第2弾!人気イラストレーター・北澤平祐の挿画も多数収録。
2024年6月17日
キッチンつれづれ(光文社文庫)
キッチンつれづれ(光文社文庫)
世界はキッチンで回っている!大崎梢、近藤史恵、矢崎存美……8人の作家が「台所」をテーマに家族や大事な人との悲喜こもごもを描いた短編集。
2024年6月16日
キッチン常夜灯 真夜中のクロックムッシュ(角川文庫)
キッチン常夜灯 真夜中のクロックムッシュ(角川文庫)
仕事も恋もうまくいかなくても、この店に来れば、大丈夫。寡黙なシェフが作る丁寧な一皿と、美味しいワイン。真夜中のビストロ、今日もOPEN。シリーズ第2弾!
2024年6月15日
横浜コインランドリー 今日も洗濯日和(祥伝社文庫)
横浜コインランドリー 今日も洗濯日和(祥伝社文庫)
洗濯物の数だけ物語がある。人々が抱える事情やお悩みも洗い流し、心をときほぐす。喜びも悲しみも映し出す、シリーズ第2弾!
2024年6月14日
アナトール パリの空をとぶ(絵本)
アナトール パリの空をとぶ(絵本)
チーズ鑑定家のねずみを主人公にした「アナトール」シリーズの絵本。ある日、古い大きな凧をみつけ、みんなで修理していると、家族と一緒に凧にのって空へとばされてしまい……。
2024年6月13日
TRANSIT 64号(ムック)
TRANSIT 64号(ムック)
特集は「新しい風吹くフランスへ」。次々に新しい文化や暮らしのかたちが生まれ、鮮やかに世界を牽引しつづける国、フランス。そんな新しい風吹くフランスを旅した一冊。
2024年6月12日
休養学(単行本)
休養学(単行本)
休むこと=寝ることではありません。休み方は学べる!今すぐ疲れをとりたいなら7つのことだけすればいい。疲れを制するものが仕事と人生を制する。あなたを疲れから救う休養学。
2024年6月11日
いちまい酒場(講談社文庫)
いちまい酒場(講談社文庫)
西武新宿駅に近い裏通り。酒場『いっぱい』には、店主自慢の千円「いちまいセット」と、ひとときの安らぎを求めて今宵も客がふらりとやってくる。心が温まる酒場人情小説。
2024年6月10日
ハロルド・フライのまさかの旅立ち(講談社文庫)
ハロルド・フライのまさかの旅立ち(講談社文庫)
年金暮らしの老人が1000キロの道を手ぶらで歩く。世界を感動させた名作が映画化!2014年本屋大賞「翻訳小説部門」第2位。2024年6月7日、日本で映画公開!
2024年6月9日
オフ・ブロードウェイ奮闘記(幻冬舎文庫)
オフ・ブロードウェイ奮闘記(幻冬舎文庫)
舞台『猟銃』で一人三役を演じる為に、単身ニューヨークに乗り込むも、舞台の上でも外でもトラブルばかり。泣いて怒って笑った59日間の愚痴日記!
2024年6月8日
パーティーが終わって、中年が始まる(単行本)
パーティーが終わって、中年が始まる(単行本)
定職に就かず、家族を持たず、不完全なまま逃げ切りたい――。元「日本一有名なニート」がまさかの中年クライシス?赤裸々に綴る衰退のスケッチ。
2024年6月7日
生きのびるための事務(単行本)
生きのびるための事務(単行本)
自分に自信がない、やりたいことが続かない、悩んで行動に移せない……足らないことは“事務”でした。夢を現実にするたった一つの技術、事務。必要なものはノートだけ。
2024年6月6日
鯨オーケストラ(ハルキ文庫)
鯨オーケストラ(ハルキ文庫)
土曜日のハンバーガー、流星新聞、キッチンあおい、鯨オーケストラ――。すべてが響きあってつながってゆく、静かに心が共振する希望の物語。〈鯨〉三部作の完結編。
2024年6月5日
東京ハイダウェイ(単行本)
東京ハイダウェイ(単行本)
知らなかった。東京にも、心休まる場所があるんだ。不安を抱えた私たちが見つけたのは、都会の「隠れ家」だった。都会に生きる人々が抱える心の傷と再生を描いた、6つの癒しの物語。
2024年6月4日
しぶとい十人の本屋(単行本)
しぶとい十人の本屋(単行本)
荻窪に新刊書店「Title」を開いて8年。ふと自分の仕事がわからなくなり、全国にいる仲間のもとへ。生きる手ごたえのある仕事をする――少し偏屈、でも愛すべき本屋を訪ねる旅。
2024年6月3日
正解のない雑談(単行本)
正解のない雑談(単行本)
孤独、葛藤…13人が明かす、言葉にできないモヤモヤとの付き合い方。答えはないけれど、心がふわりと軽くなる。「北欧、暮らしの道具店」の人気連載を書籍化。
2024年6月2日
こんなふうに、暮らしと人を書いてきた(単行本)
こんなふうに、暮らしと人を書いてきた(単行本)
取材した台所は300軒!市井の人々の台所から人生を描く人気シリーズ『東京の台所』著者による、失敗だらけの28年で見えてきた〈書くこと〉にまつわる56篇。
2024年6月1日
速く、ぐりこ!もっと速く!(単行本)
速く、ぐりこ!もっと速く!(単行本)
自己中心的な性格で、誰かのためにがんばることができなかった私も、書き続けたらこの世に何かを残すことができるだろうか。百万年書房の暮らしレーベル第6弾!
2024年5月31日
令和元年の人生ゲーム(単行本)
令和元年の人生ゲーム(単行本)
まだ人生に、本気になってるんですか?平成の落ちこぼれか、令和の革命家か――。自分の可能性を知りすぎてしまった“賢すぎる”Z世代の若者たちの働き方を描いた連作短編集。
2024年5月30日
俺たちの箱根駅伝 上(単行本)
俺たちの箱根駅伝 上(単行本)
「箱根」から遠ざかったかつての名門、ラストチャンスを掴めるか。逆境を、超えてゆけ。若人たちの熱き戦いが、いま始まる!
俺たちの箱根駅伝 下(単行本)
俺たちの箱根駅伝 下(単行本)
寄せ集めチームが箱根に抱いた夢の行方。魂の、継走。青春をかけた挑戦、意地と意地のぶつかり合いが始まる!
2024年5月29日
新!店長がバカすぎて(ハルキ文庫)
新!店長がバカすぎて(ハルキ文庫)
三年ぶりに吉祥寺本店に店長として復帰した山本猛は張り切るが、相変わらず人を苛立たせる天才だ。『店長がバカすぎて』第二弾!
2024年5月28日
すこし広くなった 「那覇の市場で古本屋」それから(単行本)
すこし広くなった 「那覇の市場で古本屋」それから(単行本)
沖縄那覇の「市場の古本屋ウララ」店主のエッセイ。本のこと、市場のこと、お客さんとのやりとりなどを綴った、あれからとこれから。『那覇の市場で古本屋』第二弾!
2024年5月27日
本に出会ってしまった。私の世界を変えた一冊(単行本)
本に出会ってしまった。私の世界を変えた一冊(単行本)
読む人の数だけ物語がある。人生を揺さぶる「読書という体験」とは。スズキナオ、川内有緒、島田潤一郎、古賀及子、浅生ハルミン……20人の表現者が描く、本にまつわるエッセイ。
2024年5月26日
美大式 ビジネスパーソンのデザイン入門(単行本)
美大式 ビジネスパーソンのデザイン入門(単行本)
おしゃれなデザイン=良いデザインではない。そもそも、デザインってなに!?ビジネスパーソンに必須の新常識!一番わかりやすいデザインの教科書。
2024年5月25日
ピカソの言葉(だいわ文庫)
ピカソの言葉(だいわ文庫)
ごまかすな。何も見えないときには、黒を塗れ。91歳で亡くなる直前まで描き続けた天才画家・ピカソの、胸にせまる生のエネルギーいっぱいの言葉と流儀。
2024年5月24日
嘘(PHP文芸文庫)
嘘(PHP文芸文庫)
息子を事故で亡くした千紗子。記憶を失くした少年、認知症の父との暮らしは、一つの“嘘”から始まった。切なさが弾ける衝撃の結末――気鋭のミステリ作家が描く、感動の家族小説。映画「かくしごと」2024年6月7日公開!
2024年5月23日
クスノキの女神(単行本)
クスノキの女神(単行本)
女子高生の佑紀奈と記憶障害のある少年・元哉。二人には秘密があった――。不思議な力を持つクスノキと、その番人の元を訪れる人々が織りなす物語。シリーズ第2弾!
2024年5月22日
女神のサラダ(光文社文庫)
女神のサラダ(光文社文庫)
土の匂い、太陽の光、作物が繋ぐ人との絆――いいじゃない、農業。三流私大女子学生、シングルマザー、農家の嫁、女社長……。農業に関わる女性の想いと悩みを描いた8つの美味しい物語。
2024年5月21日
野菜ビジネス(単行本)
野菜ビジネス(単行本)
野菜ジュースで1日分の栄養は摂れるのか?野菜にまつわるビジネスの話から、野菜の歴史、産直野菜、美味しい食べ方など、野菜研究家が教える野菜の教養書。
2024年5月20日
&Premium 2024年7月号(雑誌)
&Premium 2024年7月号(雑誌)
特集は「すぐ作りたくなる、手料理のアイデア」。料理上手が何度も作る、このひと皿。簡単で真似したくなる、38人の手料理レシピ。献立の工夫、便利な道具、盛り付けと器使い。
2024年5月19日
あなたの言葉を(単行本)
あなたの言葉を(単行本)
これから大人になる人たちへ、辻村深月が一緒に考える。学校生活、出会いと別れ、読むこと、書くこと――自らの体験を元にまっすぐに語りかけるエッセイ集。
スポンサードリンク

これまでの「今月のおすすめ本」から20冊をPickup!

万葉と沙羅(文春文庫)
万葉と沙羅(文春文庫)
不登校だった沙羅は、通信制高校で幼なじみの万葉と再会。本好きの彼に影響されて、沙羅も本を手に取るようになり――。本を通じて2人が成長していく青春小説。
夕闇通り商店街 純喫茶またたび(ポプラ文庫)
夕闇通り商店街 純喫茶またたび(ポプラ文庫)
お代はあなたの「思い出」です。クリームソーダにホットケーキ、ナポリタン。懐かしいメニューを通して、猫マスターが心のささくれを治してくれます。夕闇通り商店街シリーズ第3弾!
ランチ酒 今日もまんぷく(祥伝社文庫)
ランチ酒 今日もまんぷく(祥伝社文庫)
バツイチ・アラサーの祥子に転機が!?「見守り屋」の犬森祥子は今宵も依頼人の寂しさやモヤモヤに寄り添い、夜勤明けの一杯で疲れを癒す。人間ドラマ×絶品グルメ小説第3弾!
すし本 海から上がって酢飯にのるまで(ビジュアルだいわ文庫)
すし本 海から上がって酢飯にのるまで(ビジュアルだいわ文庫)
すしってこんなに、自由だった!魚とすしの写真で魅せる、今すぐ食べたい107種!釣り好きのすし職人が書いた、子どもも大人も楽しめる一風変わったすし図鑑!
おいしいアンソロジー 喫茶店(だいわ文庫)
おいしいアンソロジー 喫茶店(だいわ文庫)
お気に入りの喫茶店で時間をつぶす贅沢、喫茶店での私の決まり事、ふと思い出すあの店構え、メニュー……。豪華執筆陣40名による、おいしいエッセイアンソロジー。
読書は鼻歌くらいでちょうどいい(単行本)
読書は鼻歌くらいでちょうどいい(単行本)
読めば本がもっと好きになる!積読・ジャケ買い当たり前女子に贈る、カジュアルな読書論。本の読み方や選び方、おすすめ本をたっぷり収録した読書インフルエンサーの読書エッセイ。
いつか、アジアの街角で(文春文庫)
いつか、アジアの街角で(文春文庫)
美味しい一皿、彼が口にしたことば、愛したものとの思い出、葛藤の記憶……。人気女性作家6人による、あの街の空気が語りかけてくるような珠玉の短編アンソロジー。
リーマントラベラー 週末だけで世界一周(河出文庫)
リーマントラベラー 週末だけで世界一周(河出文庫)
働きながら、どこへでも行ける!週末だけで世界一周を達成した「旅するサラリーマン」が綴った働き方、生き方の選択肢を広げてくれるエッセイ。
タイランドクエスト てくてくローカル一人旅(だいわ文庫)
タイランドクエスト てくてくローカル一人旅(だいわ文庫)
ほほえみの国・タイは、ほんのりスリリング!?50ページ超の描き下ろしマンガとともに描いた爆笑紀行エッセイ!
静かに生きて考える(単行本)
静かに生きて考える(単行本)
自分の人生を幸せに生きるとはどういうことか?孤独と自由が人生を変える。作家森博嗣が自身の日常を観察し、思考した極上のエッセイ。
仕事帰りの心 私が私らしく働き続けるために(単行本)
仕事帰りの心 私が私らしく働き続けるために(単行本)
自分を傷つけてまでやるべき仕事なんてない。パラレルキャリアで20年以上奔走する内向型著者による、会社員もフリーランスも必読の痛快エッセイ。
コーヒーにミルクを入れるような愛(単行本)
コーヒーにミルクを入れるような愛(単行本)
ふたり暮らし。書くこと。前を見て進むこと。日々の手ざわりがあざやかな言葉に変わる。短歌、小説、絵本と幅広く活躍する作家・くどうれいんのエッセイ集。
俺はこのままひとりぼっちで、いつかおかしくなってしまうんだろうか(双葉文庫)
俺はこのままひとりぼっちで、いつかおかしくなってしまうんだろうか(双葉文庫)
独身のまま中年になったら“詰む”らしい。それでも続く日常をどうやって生きようか?不器用な人間のいきざまや繋がりを丁寧に描いた長篇。
時穴みみか(双葉文庫)
時穴みみか(双葉文庫)
シングルマザーのママと二人暮らしの美々加。ある日突然、昭和49年にタイムスリップし、小岩井家の次女としての日々が始まった――。優しさと温もりに包まれた、ノスタルジックな冒険譚。
古くてあたらしい仕事(新潮文庫)
古くてあたらしい仕事(新潮文庫)
33歳・無職のぼくは息子を亡くした叔父夫婦のため、本をつくると決めた。ひとり出版社・夏葉社の原点と未来を語った、心しみいるエッセイ。
つまらない住宅地のすべての家(双葉文庫)
つまらない住宅地のすべての家(双葉文庫)
とある町の十軒の家が立ち並ぶ住宅地。そこに、女性受刑者脱走のニュースが入り、住民は交代で見張りをはじめるが……。住宅地で暮らす人々それぞれの生活と心の中を描く長編小説。
おしゃべりな銀座(文春文庫)
おしゃべりな銀座(文春文庫)
木村家のあんぱん、煉瓦亭のカツレツ、老舗パーラーのフルーツポンチ、伊東屋にしかない原稿用紙――。銀座のとっておきの思い出を綴る、47人の極上エッセイ集。
虎のたましい人魚の涙(講談社文庫)
虎のたましい人魚の涙(講談社文庫)
時が過ぎ、変わっていくもの、変わらないもの。さりげない日常の場面や心情を切り取る言葉が、読む人の心に響く23編。『うたうおばけ』の著者による、エッセイ集。
今日の人生3 いつもの場所で(単行本)
今日の人生3 いつもの場所で(単行本)
大人気コミックエッセイシリーズ第3弾!人生には、何もしなくていい時がある。ぼんやりしないほうがもったいない。私たちが日々生きていることの証しが詰まった、宝箱のような一冊。
休むヒント。(単行本)
休むヒント。(単行本)
休みなよ、って言われても。働き方改革時代、ワークライフ“アン”バランスなあなたに贈る、休み方のエッセイ・アンソロジー!気になりません?十人十色な、休み方。
あわせて読みたい
おすすめの文庫本 - 手軽に読書を楽しもう!
おすすめの文庫本 – 手軽に読書を楽しもう!
日頃の書店通いで気になった文庫本から読んで面白かった文庫本まで、おすすめの文庫本を紹介します。文庫本は、手軽に読書を楽しむことができるのが魅力です。
おすすめの単行本 - 幅広いラインナップが魅力!
おすすめの単行本 – 幅広いラインナップが魅力!
日頃の書店通いで気になった単行本から読んで面白かった単行本まで、おすすめの単行本を紹介します。単行本は幅広いラインナップが魅力です。
スポンサードリンク

その他のおすすめ本特集をチェック!

文庫本おすすめランキング2024-通勤読書にもぴったり!
文庫本おすすめランキング2024-通勤読書にもぴったり!
小説やエッセイなど、書店の文庫本ランキングから気になる文庫本をピックアップ!お気に入りの文庫本ベスト10も!
おすすめの新書&2024年売れ筋ランキング
おすすめの新書&2024年売れ筋ランキング
ビジネスや社会、暮らしをテーマにした新書を中心に、書店ランキングなどからおすすめの新書をご紹介!
おすすめのビジネス書&2024年売れ筋ランキング
おすすめのビジネス書&2024年売れ筋ランキング
20代、30代の方におすすめのビジネス書を中心に、書店ランキングなどからおすすめのビジネス書をご紹介!
おすすめの雑誌&ムックをピックアップ!旅や暮らしが楽しくなる!
おすすめの雑誌&ムックをピックアップ!旅や暮らしが楽しくなる!
主に旅、暮らし、働き方にまつわる本を中心に、おすすめの雑誌やムックをご紹介。雑誌やムックは、休日やコーヒータイム、ちょっと一息つきたいときのお供にぴったりです!