BOOK TALK ABOUT
旅、暮らし、働き方にまつわる文庫本を中心におすすめの本や雑誌、絵本を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > おすすめ本まとめ > 読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ8選!<男性作家・著者編>

読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ8選!<男性作家・著者編>

おすすめ本まとめ ,

エッセイ好きとしては、外すことができないジャンル、「食エッセイ」。

ごちそうは食べるともちろん美味しいのですが、読んでも美味しいのです!
そこには懐かしさを感じるごはんの話、未知の料理や食の世界が広がっています。

男性作家・著者編では、男性の作家、エッセイスト、料理家などが綴った、おすすめの食エッセイをご紹介します。

おすすめ食エッセイ8選!<男性作家・著者編>

この地上で、私は買い出しほど、好きな仕事はない
『檀流クッキング』檀一雄

檀流クッキング
作家・檀一雄さんが1970年に出した料理エッセイ。
「この地上で、私は買い出しほど、好きな仕事はない」。
日本はおろか、世界中の市場を買いあさり、材料を生かした豪快な料理九十二種を紹介する“美味求真”の快著。
文壇随一の名コックによる「男の料理」の名著です!

『孤独のグルメ』原作者の愛する二十六品目
『食い意地クン』久住昌之

食い意地クン
『孤独のグルメ』原作者が、愛する二十六品目を熱く語ったエッセイ。
「この俺を野蛮人にしてくれる、狂わせてくれる、そういう食べ物の中に間違いなくカレーライスがある」
焼肉、ラーメン、とんかつ、ナポリタン、大根、塩辛、立ち食いそば、キャベツ…。
抱腹絶倒しながら、やがて激しく共感してしまう一冊です。

極上の店には共通項がある
『味憶めぐり』山本一力

味憶めぐり
思い出の味を美味しい文章で綴ったエッセイ集。
築地市場の喫茶店や下町の定食屋、ちょっと気のきいたお寿司屋さんや銀座のレストラン…。
極上の店には共通項がある。
プロの心意気と味が映える『本寸法』の店の見つけ方と付き合いの極意。
24の味とエピソードが詰まった美味しすぎる一冊です。

料理の真髄が綴られたエッセイ集
『春夏秋冬 料理王国』北大路魯山人

春夏秋冬 料理王国
北大路魯山人の料理エッセイ集。
絵をかき、書をよくし、美食が高じて陶器を作り、星岡茶寮をひらいた魯山人。
料理する心とは、食器は料理のキモノ、お茶漬けの味、欧米料理と日本など。
生涯にわたって追究した料理の真髄が綴られたエッセイ集。

食の思い出を綴った40編のエッセイ
『開店休業』吉本隆明

開店休業
雑誌「dancyu」の連載をまとめたエッセイ集。
「正月支度」から「最後の晩餐」まで、食の思い出を綴った40編のエッセイ。
そのエッセイそれぞれに長女・ハルノ宵子さんのが追想文を添えられています。
吉本隆明さんの最後の自筆連載となった食エッセイです。

大地の恵みを食する日々を綴ったエッセイ
『土を喰う日々』水上勉

土を喰う日々
作家・水上勉さんが、大地の恵みを食する日々を綴ったエッセイ。
幼時から身についた精進料理を、いま季節の流れとともに作る日々。
そこには、食への深い洞察と自然への愛情、人生への厳しい問いかけがある―。
わが精進十二ヵ月。
香ばしい土の匂いが綴られたクッキング・エッセイです。

食とその背景の文化を綴ったエッセイ
『いつも食べたい!』林望

いつも食べたい!
作家・林望さんが、食とその背景の文化を綴ったエッセイ。
塩の味、骨まで愛すべし、蕎麦のお噂、私の長寿食、鯉に恋する…。
食と食べ物について考えだすと止まらない。
うまいもの、とは何か。
食通のリンボウ先生の食への情熱が綴られた一冊です。

食と酒をテーマに綴ったエッセイ
『狐狸庵食道楽』遠藤周作

狐狸庵食道楽
作家・遠藤周作さんが、食と酒をテーマに綴ったエッセイ。
真の食通とは?料理の切れ味とは?名店の選び方とは?
「召し上って拝領で菓子を食う」「柳川の鰻に舌鼓を打つ」「兎亭のスープの味」など。
人生の愉悦漂う四十四篇が綴られた一冊です。

まだまだあります!おすすめ食エッセイ

読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ9選!<女性作家・著者編>
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ9選!<女性作家・著者編>
女性作家・著者編では、女性の作家、エッセイスト、料理家などが綴った、おすすめの食エッセイをご紹介します!
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ6選!<アンソロジー編>
読んでも美味しい!おすすめの食エッセイ6選!<アンソロジー編>
アンソロジー編では、作家、エッセイスト、料理家などの食の話がつまった、おすすめのエッセイ・アンソロジーをご紹介します!