BOOK TALK ABOUT
旅や暮らしにまつわる文庫本を中心に、おすすめの本や雑誌を紹介する情報サイト
今月のおすすめ本&雑誌
今月のおすすめ本&雑誌
BOOK TALK ABOUT > おすすめ本まとめ > おすすめの純文学小説10選!初心者でも読みやすい!

おすすめの純文学小説10選!初心者でも読みやすい!

おすすめ本まとめ

娯楽性よりも芸術性を重視した純文学小説。
そのため、難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

確かに読み慣れていないと難しい作品もありますが、読みやすい作品も多くあります。

そこで、近代純文学、現代純文学、芥川賞受賞作品の中から、初めての方でも読みやすいおすすめの純文学小説を10冊選んでみました!
純文学を読んでみたいと思っている方は、ぜひご参考にしてみてください。

第168回 芥川賞の受賞作が決定!(2023年1月19日)

この世の喜びよ/井戸川射子(単行本)

この世の喜びよ(単行本)
幼い娘たちとよく一緒に過ごしたショッピングセンター。
喪服売り場で働く「あなた」は、フードコートの常連の少女と知り合う。
言葉にならない感情を呼び覚ましていく表題作「この世の喜びよ」をはじめとした作品集。
第168回芥川賞受賞作。

荒地の家族/佐藤厚志(単行本)

荒地の家族(単行本)
あの災厄から十年余り、男はその地を彷徨いつづけた。
元の生活に戻りたいと人が言う時の「元」とはいつの時点か――。
誰もが何かを失い、元の生活には決して戻らない。
被災地に生きる人々の止むことのない渇きと痛みを描いた純文学小説。
第168回芥川賞受賞作。

初心者でも読みやすい!おすすめの純文学小説10選

コンビニ人間/村田沙耶香(文春文庫)

コンビニ人間(文春文庫)
36歳未婚、彼氏なし、コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。
「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う、世界各国でベストセラーの純文学小説。
第155回芥川賞受賞作。

推し、燃ゆ/宇佐見りん(単行本)

推し、燃ゆ(単行本)
逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。
アイドル上野真幸を“解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。
「推し」を持つ全ての人へ贈る、圧倒的青春小説。
第164回芥川賞受賞作。

旅する練習/乗代雄介(単行本)

旅する練習(単行本)
サッカー少女と小説家の叔父。
ふたりは、利根川沿いに、鹿島アントラーズの本拠地を目指す旅に出る。
本当に大切なことを見つけて、それに自分を合わせて生きるのって、すっごく楽しい。
ロード・ノベルの傑作!第164回芥川賞候補作。

ポトスライムの舟/津村記久子(講談社文庫)

ポトスライムの舟(講談社文庫)
29歳、社会人8年目、手取り年収163万円。
ある日、自分の年収と世界一周旅行の費用が同じで、1年分の勤務時間を「世界一周という行為にも換金できる」と気付くが――。
こんな生き方、働き方もある。
ユーモラスで抑制された文章が胸に迫り、働くことを肯定したくなる純文学小説。
第140回芥川賞受賞作。

火花/又吉直樹(文春文庫)

火花(文春文庫)
売れない芸人の徳永は、先輩芸人である神谷と電撃的に出会い、弟子になる。
神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとするも、やがて2人の歩む道は異なっていく――。
笑いとは何か、人間の本質とは何かを描ききった純文学小説。
第153回芥川賞受賞作。

センセイの鞄/川上弘美(文春文庫)

センセイの鞄(文春文庫)
駅前の居酒屋で高校の恩師・松本春綱先生と、十数年ぶりに再会したツキコ。
40歳目前の女性と、30と少し年の離れたセンセイ。
せつない心をたがいにかかえつつ流れてゆく、センセイとツキコのゆったりとした日々。
切なく、悲しく、あたたかい恋模様を描いた純文学小説。 第37回谷崎潤一郎賞受賞作。

博士の愛した数式/小川洋子(新潮文庫)

博士の愛した数式(新潮文庫)
僕の記憶は80分しかもたない。
記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。
やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった――。
第1回本屋大賞に輝いた、あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。
純文学では異例のミリオンセラーとなった作品。

めぐらし屋/堀江敏幸(新潮文庫)

めぐらし屋(新潮文庫)
長く疎遠だった父の遺品の整理中、「めぐらし屋」と書かれた大学ノートを見つける。
困惑する娘の蕗子さんに、折も折、当のめぐらし屋を依頼する見知らぬ客からの電話が舞い込む。
そして、父の独居暮らしに淡い輪郭が与えられるたび、蕗子さんの遠い記憶は小さくさざめくのだった――。
地方都市を舞台に、飾りない人びとの日常光景を温かで端正な筆致で描いた純文学小説。

銀河鉄道の夜/宮沢賢治(ハルキ文庫)

銀河鉄道の夜(ハルキ文庫)
孤独な少年ジョバンニと親友カムパネルラは、銀河鉄道に乗って旅に出る。
途中、どこにでも行ける切符を手に入れ、天上まで至るが――。
貧しい少年ジョバンニが銀河鉄道で美しく哀しい夜空の旅をする純文学小説。
二篇の童話と「雨ニモマケズ」を併録。

風立ちぬ/堀辰雄(ハルキ文庫)

風立ちぬ(ハルキ文庫)
共に病に冒されている「私」と婚約者・節子。
死の影におびえながらも、残された時間を支えあいながら生きる幸福。
そして、ふたりだけが知っている生の愉しさ―――。
いまも私たちに、生きることと死ぬことの意味を静かに問う不朽の名作。
スポンサードリンク

まだまだあります!おすすめの純文学小説

我が友、スミス(単行本)
我が友、スミス(単行本)
前代未聞の筋トレ小説、誕生!別の生き物になりたい。ボディ・ビル大会の出場を目指す会社員が挑んだのは「女らしさ」との闘いだった――。第166回芥川賞候補作。
蹴りたい背中(河出文庫)
蹴りたい背中(河出文庫)
ハツとにな川はクラスの余り者同士。いびつな友情?それとも臆病な恋!?不器用さゆえに孤独な二人の関係を描いた青春小説。第130回芥川賞受賞作。
キッチン(新潮文庫)
キッチン(新潮文庫)
絶望の底で感じる人のあたたかさ、過ぎ去る時が与える癒し、生きることの輝きを描いた、世界各国で読み継がれるベストセラー小説。
スティル・ライフ(中公文庫)
スティル・ライフ(中公文庫)
ある日ぼくの前に佐々井が現われ、ぼくの世界を見る視線は変った――。第98回芥川賞と第13回中央公論新人賞を同時に受賞した純文学小説。
古都(新潮文庫)
古都(新潮文庫)
京都の呉服問屋の娘である千重子は、夏の祇園祭の夜に自分とそっくりな娘と出会う――。日本人の魂の底に潜む原風景を流麗に描いた純文学小説。

その他の小説特集もチェック!

何度も読み返してしまう!おすすめ小説30選
何度も読み返してしまう!おすすめ小説30選
ベストセラー、名作小説から長編、短編小説まで、お気に入りの小説の中から、特におすすめの小説を30冊ご紹介します!
【国内】ミステリー小説おすすめ10選!名作から初心者向けまで
【国内】ミステリー小説おすすめ10選!名作から初心者向けまで
小説の中でも人気のあるジャンルのひとつ、ミステリー小説。名作から初心者向け、イヤミスまで、おすすめの国内ミステリー小説を10冊ご紹介します!
時代小説おすすめ10選!女性や初心者でも読みやすい
時代小説おすすめ10選!女性や初心者でも読みやすい
人情あり笑いありの時代小説を中心に、女性や初心者の方でも読みやすいおすすめの時代小説を10冊ご紹介します!